脂肪注入豊胸

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ふともも豊胸手術の中でも、特にメジャーな方法が脂肪注入豊胸です。大阪の豊胸対応外科で、私はこの施術を行いましたが、これは文字通り脂肪を胸に注入することによってサイズアップを狙う方法となります。自分の身体の中でも、余っている脂肪を使うことが多く、自分自身の脂肪を使うので互換性も良いです。しっかり胸に脂肪が入ることによって、より大きな胸にしていくことができるでしょう。これらの脂肪注入豊胸の場合は、注射器などの特殊な機材を使って入れることが多くなっています。そのため、メスなどは使いません。傷口が小さくて済むので、術後のケアも比較的楽なのが特徴となっています

ただ、実際には脂肪がない部分に脂肪を入れるわけですから、安静にして対応していくことが必要です。術後に激しい運動をしたりするのは避け、入浴なども長時間し過ぎないことなどが重要となります。もちろん、それらに関しては問題ないという意見もありますが、極力安静にしておくことは重要となります。胸に脂肪が定着するまで、安静にしておくようにしましょう。その他、大きくなった胸などを自分で触って確かめたいと思う方も多いかもしれません。しかし、術後は肌がデリケートになっているので、あまり触ることも避けておくことが必要となるでしょう。細かな注意点に関しては、施術してくれた医師に聞いておくと良いです。専門医であれば、しっかりと教えてくれるでしょう。


**関連記事**

  1. 豊胸手術後の種別ケア
  2. ヒアルロン酸注入豊胸
  3. バッグプロテーゼ豊胸