バッグプロテーゼ豊胸

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

おっぱい豊胸手術は基本的に脂肪注入やヒアルロン酸注入など、注射器を使って特殊な施術をおこなうことが多いです。しかし、その他の方法として人気があるのが、バッグプロテーゼ豊胸です。これは、簡単に言えば胸の中にバッグを入れることによってより胸を大きく見せる方法となります。脂肪やヒアルロン酸に比べても、より綺麗な形の胸を再現していくことが可能です。ただ、バッグを胸に入れることになるので、メスで胸を切開することが必要となるのです。傷口が注射よりも大きくなるので、術後のケアも重要となります。

傷口に激しい衝撃や圧迫を与えるのはダメですし、激しい運動や長時間の入浴も避けておきたいです。また、傷口が痛むということは少ないですが、もし痛いと感じた場合はすぐに専門医に相談するようにしてください。傷口は見えないように医師も対応してくれますが、術後のケアの仕方などは自分で工夫することも必要となります。痛み止めなどを場合によっては処方してくれるので、それらも活用しながら術後のケアをおこなっていきましょう。そうすることで、より安心して豊胸手術を受けることができるでしょう。もちろん、不安なことや心配なことは、医師に直接相談しておくと良いです。


**関連記事**

  1. 豊胸手術後の種別ケア
  2. 脂肪注入豊胸
  3. ヒアルロン酸注入豊胸